スキャルピングと他のトレード手法との違い

 

「1.スキャルピングとは?」 の項で書いたデイトレードやスイングトレード、あるいはそれ以上の時間スパンの投資法と違って、スキャルピングは、狙う利益を小さく設定する代償として、1回の取引あたり高確率で勝っていく − という方針に立っています。

 

自然、他の手法よりも取引回数が増えます。

 

同じく、自然、損失に対する対処法も重要になってきます。

 

スキャルピングにおいては、他の取引よりも、「損切り」に対する感覚を磨かねばなりません。

 

 

FXのベテランでも、長い時間スパンの取引をやっていた方がスキャルピングに取り組むと、その違いに驚くほどです。このあたりもセミナーの中で触れてゆきたいと思います。

 

 

 

また、スキャルピングをずっとやっていると、短い時間足へばかり注意が向かってしまい、時間足、日足といった長いスパンに対するケアがおろそかになる傾向があります。取引は短期で行っても、「目」と「頭」は中長期の動きを睨んでいなければなりません。これも留意点の一つです。

 

 

 

 関連情報: スキャるピング攻略の代表的ソフト→ 4DFX